考える

収入が低くてもお金持ちになった人たちの共通点は?

世の中には収入が低くても億万長者になった人たちがいるんだ!

今日は勇気が出る話をしたいと思う(笑)。
世の中には低所得であっても億万長者になった人たちがいる。

結論から伝えるとその共通点は
倹約してコツコツ積み重ねた」ということ。

人生一発逆転を狙っていた人には申し訳ない( ゚Д゚)。
しかし、今まで300冊以上の投資書籍を読んだけど、
本質はみんな良い投資に淡々と積み重ねるだけだったんだ(笑)

でもわかる。
一気に大金を手にしたい気持ちは痛いほどわかる。
なぜなら私は大金を手にしたくて仮想通貨をはじめたからね。

だけど、投資の本質は積み重ねることで、
私は仮想通貨で得た利益を不動産投資(民泊経営)や
株式投資(楽天VIT)に淡々と重ねている。

給料や仮想通貨で得た利益を安定した収入に積み重ねる感じかな。

まあ、私のことはさておき(笑)、
今回は低収入で億万長者になった人たちを4人紹介したい。

アン・シェイバー

アン・シェーパー

1940年代半ば、ある女性が長年勤めた仕事を退職した。
彼女の名前はアン・シェイバー。

アンは公務員で年収は400万円を超えたことは一度もなかった。
昇給したこともなく裕福とは言えないどころか、
金融ブローカーにお金を預けて失敗したこともあった。

そして、アンが50歳で退職した当時、手元には退職金が500万円残った。
アンは自ら株式市場の勉強をして、500万円を米国株に投資した。

そして、ニューヨークの質素なアパートで年金生活に入ったのだ。

それから約50年。1995年にアンは亡くなった。
101歳という長寿を全うしたのだ。

そして、資産分与に関する遺言状が弁護士に託されたが、
アンの年収を考えれば、資産はほとんど残っていないだろうと思われていた。

しかし、実際にはアンが持っていた株式や債券の束を確認したところ、
なんと彼女の資産は約22億円にもなっていたのだ。

その遺産はアンの遺志に従い、全額が女性のための奨学金の設立に寄付された。

アンは公務員で、しかも女性であったために一生昇給することがなかった。
そんな彼女が年収120万円をいくら倹約したところで、
22億円もの資産を作ることなんてできない。

彼女はブランド力のあるアメリカの一流企業に投資をして、
売却をせずに配当金も投資に回していたのだ。

ポール・ナヴォン

ポール・ナヴォン

ポール・ナヴォンは貧しい家庭に生まれ、高校も行かず
16歳からニュージャージー州のガラス容器工場で60年以上働いていた。

彼の初給料はたった時給75セント!
そして、最後まで時給11ドルを超えることはなかったんだ。

彼は浪費を好まず、服は古着屋から購入して、
姉と一緒に暮らすことで生活費を抑えていた。
彼の唯一の贅沢はマクドナルドで朝食を食べることだったらしい。

しかし、彼は贅沢をしなかった代わりに、
残りのお金を株式や賃貸物件の購入代金として投資に使った。
さらに投資から得る収入と配当は再投資にまわして、
そのサイクルは彼が引退するまで続いた。

最終的に、彼は何百万ドルという資産を築き、
2つの学校に合計2億2千万円の寄付をしたのだ。

晩年、CBSニュースの取材でも彼は3ドルで購入したセーターを着て現れた。
彼は自分の人生に不満を抱いたことはなかった。
そして、「私が投資をしているのは人々の生活を豊かにするためだ」と述べた。

ロナルド・リード

ロナルド・リード

ロナルド・リードはバーモント州の貧しい農家で育った。
彼は家族で唯一高校まで通ったが、
お金がなかったため高校まで毎日6.4マイル(約10km)を歩くか、
ヒッチハイクで通っていた。

高校卒業後、彼は第二次世界大戦中にアメリカ陸軍に入隊し、
イタリアで軍事警官を務めた。
そして、1945年に軍隊から名誉退任したあとはバーモント州に戻り、
そこで約25年間ガソリンスタンドの係員として働いていた。
さらに1980年から17年間は非常勤の用務員の仕事をしていた。

彼の収入は決して高くはなかった。
しかし、非常に倹約的に生活し、配当を生み出す株に投資して
一度買った株はずっと持ち続けていた。
そして、彼はテクノロジー会社のように理解できなかった会社の株を避け、
優良企業への投資を続けていたのだ。

彼が2014年6月に亡くなったとき、資産はなんと800万ドル(8.8億円)もの
資産が残っていたそうだ。
また、彼も倹約と投資でお金持ちになった多くの人と同様に
図書館や病院に600万ドル(6.6億円)の寄付をおこなっていた。

マーグリット・ディクソン

マーグリット・ディクソン

スコットランドで教師として働いていた彼女は小さなアパートに住んでいた。
質素で倹約家だった彼女は72歳で亡くなったんだ。

しかし、彼女の預金はなんと約1億6千万円を超え、
さらには家族が知らない銀行口座にも数千ポンドの遺産が残っていたのだ。
それだけでなく、彼女は慈善団体に約1億6千万円もの寄付をしていた。

小さなアパートに住んでいたにもかかわらず、
彼女は投資から大きなリターンをあげていたのだ。

低所得で億万長者になる人と高所得で破産してしまう人

どうでしたか?
今、挙げた人たちはいずれも自身の年収が500万円にも満たないにも関わらず
億を超える資産を築き、最終的に多額の寄付をしている。

一方で世界には高所得を得ながら破産している人がいる。
ジョニー・デップ(年俸55憶)やデニス・ロッドマン(年俸30億)を稼ぐ有名人が
破産状態に陥っている。
彼らは稼ぐ力に優れているが貯める力が弱いため、
稼げなくなった瞬間に破産するのだ。

もちろん、生き方は人それぞれだからどっちが良いという問題でもない。
結局は自分の暮らしに満足している人が1番幸せだ。

今回、紹介した収入が高くなくても裕福になった
人々の生活は質素で倹約的であった。

凡人の私には「せっかっくお金があったのにもっと使った方が良かったのでは?」
という浅い考えも湧いてくる(笑)。

だけど、彼らは自分の生活に満足していたはずだ
お金のあるなしに関わらず、自分の暮らしを豊かに感じていたと思う。
つまり、彼らは我慢して生活しているという意識はなかったはずだ。
だからこそ、最後は全ての財産を社会のために寄付した。

もし我慢して倹約して貯めたお金なら、人は手放すことができない。
でも自分の暮らしに満足している人にとっては
寄付することで他者の暮らしが少しでも豊かになることは喜びなんだ。

結局はお金があってもなくても今の暮らしに満足できる人が最強なんだな(笑)。

このブログの目指すところもそうありたい。
日々の暮らしで家族と過ごす時間があって、
好きな趣味に夢中になれる時間があって、
大好きな仕事をやりたいだけできる環境がある。

実はそれってそんなにお金がかかることじゃない(笑)。
だからこそ、自分が本当に大切にしたいもののために時間を使いたいし、
自分の命である時間を切り売りする生活はやめると決めたんだ。