仮想通貨投資

仮想通貨で不労所得を得る方法!XRPをレンディングしてみた

 +αの所得があればもっと生活が豊かになるのにな~
銀行貯金じゃ利回りが低すぎるし、利回りの高い資産が欲しい!
仮想通貨は人気が高いけど不労所得になるのかな?
どのくらいの収入になるんだろう
不労所得で遊んで暮らしたい!

仮想通貨は不労所得にもなります。レンディングサービスという貸し出しを行うことで、収入を得ることができるのです。

最近は仮想通貨投資が運良くバブルとなって資産も上昇しましたが、仮想通貨は円やドルなどの法定通貨と同様に預けておくことで金利を得ることができます

しかもこの金利は年利0.01%の銀行貯金と比べると年利5%という500倍の高さです。仮想通貨は不労所得としての価値を生むこともできるのです。

特に仮想通貨を長期間ホールドするつもりの方や短期トレードを行わずに枚数を増やしたい方におすすめです。

レンディングが行える仮想通貨は?

レンディングが行える仮想通貨はビットコインや主要なアルトコインに限られています。日本でレンディングを行える取引所としてはGMOコインやbitbankが有名です。両取引所ともにセキュリティーが高いため、安心して貸し出すことができますよ。

取引所 対応通貨 貸出可能額 期間 年利
bitbank BTC 1~25 BTC 1年 5BTC未満3%
5~10BTC4%
10BTC以上5%
GMOコイン BTC
ETH
BCH
LTC
XRP
10BTC~100BTC
100ETH~1,000ETH
50BTC~500BTC
300LTC~3,000LTC
100,000XRP~
1,000,000XRP
BTC→90日間

アルトコイン→150日間

5%
bitfinex USD
BTC
ETH
EOS
XRP
BCH
LTC
ETC
IOT
EUR
ZEC
その他
マッチング次第 2~60日 日利0.0001%~5%
POLONIEX BTC
BTS
CLAM
DOGE
DASH
LTC
XMR
XRP
ETH
その他
マッチング次第 2~60日 日利0.0001%~5%

海外の取引所は多くのアルトコインをレンディングすることができます。さらに海外取引所のレンディングは株の貸株と同じで信用取引を行う人に貸してあげる仕組みです。

貸したい人が日利を決めて借りたい人が現れてマッチングすると貸し出しができます。取引所が貸すのではなく、個人個人で貸し借りをするということです。そのため、相場の変動が激しくなると日利5%になる場合もあります。

通貨にもよりますが年間を通すと5%くらいになりますよ

仮想通貨レンディングはリスクもある

仮想通貨レンディングは貸し出すだけで年利5%という嬉しい不労所得になります。一方でリスクもあります。

  • 預けている間資産が動かせない
  • 仮想通貨価格が下落しても売ることができない
  • レンディング解約をすると手数料がかかる
  • 取引所がハッキングに合ったり、破綻した場合は保証されない可能性がある

特にリスクが高いのが取引所が破綻した場合には全ての仮想通貨を失う可能性があるということです。

2018年は仮想通貨取引所へのハッキングが相次ぎ、多くの取引所が仮想通貨を盗まれました。今のところレンディングとして貸し出した資産が返ってこなかったという事例はありませんが、取引所の破綻によって仮想通貨が返ってこないというリスクはあります。

そのため、仮想通貨レンディングで最も大切なのはセキュリティーのしっかりした取引所を使うということです。特にGMOインターネットやbitbankはセキュリティーもしっかりしており、安心して仮想通貨を預けることができます

仮想通貨XRP(リップル)のレンディングを行ってみた

私は実際に2018年6月6日からGMOコインでXRPの貸し出しを行いました。GMOコインはGMOインターネットグループが運営しており、セキュリティーも高いため貸し出すには最適です。

ただし、XRPだと100,000枚以上、BTCも10枚以上からでないと貸し出せないため、ある程度の仮想通貨資産がなければ貸し出しできません。GMOコインは仮想通貨を大量に持っている人向けのレンディングと言えます。

私は300,000XRPを貸し出したため、150日で2,516XRPの不労所得が入ってくる予定です。1XRP=50円とすると5か月で125,800円の不労所得ですので良い感じです( ゚Д゚)。

ちなみに以前はbitfinexやPOLONIEXでもレンディングを行っていました。両取引所ともに大手でセキュリティーが高く、自動貸し出しツールもあるため便利でした。

ただし、bitfinexはテザー問題を抱えていたり、POLONIEXも定期的にサイトがダウンするなどの不安があって今は使っていません

仮想通貨はレンディングを行うことで不労所得とすることもできます。特にXRPのように長期投資に向いた仮想通貨を保有している方はレンディングで不労所得をゲットしてくださいね( ゚Д゚)。

bitbank(ビットバンク)なら仮想通貨を貸して増やせる!1年間最大年率5%!