投資の考え方

個人投資家の年収は?投資をはじめるのはいつが良いの?

私は投資をはじめる前に、個人投資家の年収をいろいろ調べたんだ。
個人投資家っていったいどのくらい儲けているのか気になるよね。
最終的には配当金や複利で自由な時間をつくれるようになりたい(笑)。

じゃあ実際に個人投資家は投資でウハウハ儲けているの?
それとも意外と少ないとか?

投資の中でも証券(株式,投資信託、債券)に絞って紹介するよ!

個人投資家の年収は?意外と少ないのだが・・・

日本証券業協会の「平成28年個人投資家の証券投資に関する意識調査報告書」の
報告によると個人投資家の年収は300万円未満(48.5%)が多くなっている。

  • 300万円未満 ⇒ 48.5%
  • 300~500万円未満 ⇒  24.1%
  • 500~700万円未満  ⇒  11.4%
  • 700~1,000万円未満  ⇒  8.8%
  • 1,000万円以上  ⇒  7.2%

ただし、この結果は年収なので投資だけの収入ではない。
実際にアンケートに回答した人の収入源は、
給料所得(41.8%)や年金(38%)が多い。
個人投資家の投資収入は収入の3.6%しかない・・・。

つまり、個人投資家の中でも夢の配当生活をしている人は少ない(笑)。

  • 給与所得 ⇒ 41.5%
  • 恩給・年金 ⇒ 38%
  • その他 ⇒ 6.7%
  • 収入なし ⇒ 5.5%
  • 事業所得 ⇒ 4.7%
  • 利子・配当 ⇒ 3.6%

この結果から個人投資家の多くは兼業投資家として、
他の仕事をしながら投資を行っているということがわかる。

さらに個人投資家の年齢をみると60代が30%と多く、
20~30代の人も9%となっている。
最近は若い人の中にも投資を行っている人が増えてきているんだ。
まあ、これだけ給料は上がらず税金が増えるならわかるよね(笑)。

では個人投資家はどのくらいの金額を投資しているのだろうか?

個人投資家が投資をしている金額は?

投資額をみていると300万円未満の投資をしている人が46.7%だ。
あれ?意外と少なくない?
やはり日本人は投資にお金をかけていないようだ。

  • 50万円未満 ⇒ 12.9%
  • 50~100万円未満 ⇒ 9%
  • 100~300万円未満 ⇒ 24.8%
  • 300~500万円未満 ⇒ 12.8%
  • 500~1,000万円未満 ⇒ 15%
  • 1,000~3,000万円未満 ⇒ 14.9%
  • 3,000万円以上 ⇒ 4.4%

日本人の資産構成は現金・貯金(52.7%)が多く、
投資信託・株式・債権などの金融投資(15.1%)は少ない。
一方でアメリカ人の資産構成は、現金・貯金(13.7%)で少なく、
投資信託・株式・債権などの金融投資(46.7%)が多い。

価値観は多様で良いから、どちらが良いということではない。
自分は家族や好きなことを楽しむ自由な時間が欲しいから投資はするけど、
何があっても守りを固めて貯金をするという人がいてもかっこいいよね。

ただし、日本円のみでお金を貯めるのはリスクも高いんだ。
日本の財政状態や少子高齢化問題を考えると
令和の日本は平成よりヤバい(笑)。
私が日本ピンチだな~と思う理由は以下の記事でも取り上げている。

日本の財政危機からお金を守る!リスクと対策は?日本政府の債務は世界の国々の中でも突出しています。ニュースや新聞でもたびたび報道されますし、日本財政って本当に大丈夫なの?と心配になりま...

というわけで、「貯金=日本円にかける」であって、
日本円が暴落したときにはかなりのダメージを受ける。
実際に日本では悪性のインフレが2回あったし、
2度あることは3度あるというからね( ゚Д゚)。

どちらにせよ、投資を行うことで金融リテラシーを高めていくことは
これからの時代で大切になってくると思うんだ。

日本でも投資人口が増えてきている

最近では日本政府も国民に投資を促すために、
NISA(少額投資非課税制度)をはじめている。
NISAとはや投資信託などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度なんだ。

政府も個人の投資を促すことで経済を活性化させたり、
年金のみに頼らない資産形成を促している。

さらっと言ったけど、政府はすでに歳を取って
年金のみで生活するのはとても危険と言っているんだ(笑)。
以下は金融庁の発表。

人口の高齢化という波とともに、少子化という波は中長期的に避けて通れない。未婚率も上昇している。

公的年金制度が多くの人にとって老後の収入の柱であり続けることは間違いないが、少子高齢化により働く世代が中長期的に縮小していく以上、年金の給付水準が今までと同等のものであると期待することは難しい。

今後は、公的年金だけでは満足な生活水準に届かない可能性がある。

年金受給額を含めて自分自身の状況を「見える化」して老後の収入が足りないと思われるのであれば、各々の状況に応じて、就労継続の模索、自らの支出の再点検・削減、そして保有する資産を活用した資産形成・運用といった「自助」の充実を行っていく必要があるといえる。

参考:金融審議会「市場ワーキング・グループ」(第23回)』

まあ、年金制度がこんな状態だから、
若い人の中にも投資をはじめている人が多くなっている。

2017年の仮想通貨投資バブルなんかは日本や韓国の若い世代が中心となって起こった。
日本でもやっと投資人口が増えてきているし、
これからは投資を行っている人と行わない人の差が開いてくるのかなと思っている。

公的に年金だけでは最低水準の生活に届かない時代がやってくるんだ( ゚Д゚)。

もはや私としては今まで払った年金を返してもらって、
自分で運用したいのだが・・・(笑)。
というくらいお国には期待していなかったりする(笑)。

みんなはどう感じているかな?

投資をはじめるならいつがいいの?

では投資をはじめたいと思ったとき、いつから始めればよいのだろうか?
投資の世界で良く使われるアドバイスは「今すぐはじめる」である。
投資の格言に「もうはまだなり。まだはもうなり。」という言葉がある。

言葉の意味は、「もう底だと思えるときはまだ下値があると考え、
まだ上がると考えるときはもう天井だと考えてみなさい。」ということ。
つまり、相場の上がり下がりなんかわからんから今すぐはじめろと(笑)。

しかし、私は2019年5月現在は投資をはじめる時期ではないと思っている。
特に不動産投資と株式投資は天井を打ってこれから下がり始める可能性の方が高い。
ウォーレン・バフェットやジム・ロジャーズ、レイ・ダリオなどの歴戦の投資家が
世界経済の危機を訴えている。
まあ、もうはまだなりかもしれないけど(笑)。

これから投資を行うなら以下の戦略が有効と考えている。
どっちもメンタルが試される購入の仕方だ(笑)。

不動産投資:金利が上がって不動産価格が暴落したときに購入

株式投資:株価が高値から40%急落した後にドルコスト平均法で積み立て

仮想通貨投資:株価急落前に投資

私の場合、すでに仮想通貨にはかなりの資金を投入している。
株価の暴落とともに資金の流入があると考えているからだ。
ただし、すんげーハイリスク投資なのでおすすめできないんだな(笑)。

そんで、米国株が40%暴落したらドルコスト平均法で買い続ける。
不動産についてはオリンピック前に価格が暴落すると考えているけど、
立地や人口動態など細かく分析する点が多いので、
目を付けているエリアで優良物件が出た場合のみ購入する。
まあそんな物件は業者に抑えられるからほぼ出ない・・・。

こんな感じで考えているけど、
相場なんて予想できないから滑る可能性もいっぱいだ(笑)。

投資をこれから始めたいという人はマネしちゃだめだよ(笑)!
投資をこれから始める人はシンプルにS&P500連動型の
楽天VTIとeMAXIS Slim米国株式を選べば間違えないと思うよ。
詳しくは以下の記事を参考にしてね。

投資初心者は何からはじめた方が良いの?まずは守りの投資を「なんか投資をはじめたいけど、何からやっていいのかわからないわー。」 っていう人はけっこう多くない? 自分は完全にそうだったし、...